家庭教師ゴーイングで成績もやる気もアップ|子どもの評判が良い授業

二つの種類

教材

塾で勉強のつまずきをなくす

ある統計によると、塾通いするタイミングとしては、小学6年生からが最もよいそうです。中学受験する場合は、小学4年生頃か通い始めるケースが多いようですが、その理由としては、小学4年生ごろから算数が難しくなりはじめるからです。特に算数は基礎を理解していないとつまずきやすくなる教科です。中学の数学がわからない場合、小学校の算数から出来ていないことはよくあるケースです。数学はわからない所をそのままにしておくと、さらにできなくなってしまうので、つまずいている基礎に戻ってひとつひとつ問題を解き、理解していくことが大切です。中学校の数学はどんどん新しい単元に進んでいくので、テストなどの成績が下がりがちになってしまいます。

集団制と個別指導制の違い

そのような場合、塾に通って苦手単元をやり直すのが有効です。ある程度の成績がとれている生徒の場合は、集団塾がおすすめです。学校で習う単元を先取り学習し、定期テスト前にもう一度復習して勉強する集団塾のやり方は、学校のテストで平均点以上とれる生徒におすすめです。勉強につまずきが見られる生徒の場合は、少人数の個別指導塾が向いています。先生1人につき生徒1人か2人の個別指導は、生徒のレベルに合わせた学習ができます。集団塾の場合はひとりひとりに合わせた授業は不可能ですが、個別指導の場合は先生からどこでつまずいているのかを分析してもらえ、基礎問題から取り組んでスムーズに理解ができるようにフォローしてもらえます。